脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ワキは黒ずみやすい部位!黒ずみを防ぐムダ毛処理方法とは

 

ノースリーブや水着などを着るならムダ毛処理しておきたい部位がワキです。頻繁にムダ毛処理をしている方もいるのではないでしょうか。

しかし、頻繁なお手入れは肌の黒ずみの原因になります。黒ずんだワキが見えてしまっては、おしゃれも台無しになります。

では、黒ずみを防ぐにはどのようにワキのムダ毛処理をしたらいいのでしょうか。

 

ワキが黒ずむ原因

ワキが黒ずむ原因は、メラニン色素と汚れです。

メラニン色素は肌を外部刺激から守るために作られます。紫外線を浴びると日焼けを起こすのは、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が作られるからです。カミソリや毛抜きなど肌に刺激を与えるムダ毛処理をしていると、刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成されます。メラニン色素は肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の家庭で排泄されるのですが、繰り返し刺激を加えたりターンオーバーが滞っていると、メラニン色素が肌にたまって黒ずみになります。

また、皮脂や古い角質など汚れがたまっても黒ずみができます。制汗剤を多量に使用する、洗い方が不十分といったことが原因です。

 

カミソリで処理をするなら

カミソリでのムダ毛処理は肌に負担をかけるため、黒ずみを防ぐためには行わない方がよいムダ毛処理方法です。しかし、カミソリでの処理は費用が安く手軽であるという魅力があります。

カミソリでムダ毛を処理するなら、肌の負担を抑えるような方法で行いましょう。

使用するカミソリですが、清潔で切れがよいものを使ってください。不衛生なものはカミソリ負けの原因になったり、万が一肌を傷つけたときに傷口から雑菌が混入をして炎症を起こす心配があります。切れが悪いカミソリだと肌を何度も剃る必要があり、肌の負担が増えます。

毛を剃る前には肌を保護するためにワセリンを塗ります。添加物を加えて黄色いワセリンが販売されていますが、添加物は肌の負担になるので、添加物を加えていない白色ワセリンを使用してください。

そして、カミソリで毛を剃ります。同じところを何度も剃らないようにしましょう。切れがよいカミソリなら一度で剃れるはずです。

最後に再度ワセリンで肌を保護します。

 

除毛クリームで処理

除毛クリームはタンパク質を溶かす薬剤を配合しているクリームを肌に塗り、毛のタンパク質を溶かしてムダ毛を処理するものです。肌もタンパク質でできているので、肌にも負担がかかります。また、処理できるのは肌表面に出ている毛だけで、処理をしてもすぐに生えてきてしまうため頻繁なお手入れが必要です。

除毛クリームでムダ毛処理をする場合は、必ずパッチテストをしてください。目立たない部位に少量のクリームを塗り、5分程度放置してから洗い流し、24時間後に肌の状態を確認します。赤みや痛みなどのトラブルが出なければ使用できます。

ワキに除毛クリームを塗ったら、5~10分ほど放置をします。放置時間は製品によって違うので、製品の使用方法を確認してください。時間が経ったら洗い流します。放置時間が長いほどムダ毛をしっかりと処理してくれますが、それだけ肌の負担が増えます。肌が弱い方は長時間放置しないようにしましょう。処理後はワセリンや保湿クリームで肌を保護します。

 

抑毛ローションで処理

抑毛ローションは何度も使用をすることで毛が目立ちにくくなるものです。豆乳やパイナップルなどを配合しているものが販売されているようです。

抑毛ローションの使用で変化を実感するためには、長期間使い続ける必要があります。また、変化が期待できるのは細い毛でワキのような太い毛はなかなか変化を実感できません。

しかし、保湿成分が配合されている製品もあり、カミソリや除毛クリームなどでのムダ毛処理に比べれば肌への負担が少ないです。

 

脱毛サロンで処理

脱毛サロンでは光脱毛という脱毛を受けることができます。

光脱毛はメラニン色素に反応する波長の光を利用した脱毛方法です。光を照射して毛に熱のダメージを与えて、そのダメージで自然と抜け落ちるように促します。光は毛にだけ作用をさせます。

光脱毛を何度か受けていると毛の生え方がまばらになり、次第に自己処理の回数を減らせるようになります。何度も施術を受けていれば一定期間ムダ毛が生えにくくなります。自己処理の回数が減れば肌への負担も減り、肌をきれいな状態に保ちやすくなります。しかし、サロンでの光脱毛は永久脱毛ではないので、しばらくすればまた生えてきます。また、サロンの脱毛方法でも黒ずみができることはあります。

ワキは人気の脱毛部位で、脱毛サロンではワキ脱毛のキャンペーンを行っています。キャンペーンを利用すれば1000円以下でワキ脱毛ができることがあります。

また、サロンでの脱毛はアフターケアが充実しています。オリジナルのローションやクリームなどでケアをしてくれるサロンもあり、アフターケアをしっかりとすることで、よりきれいな肌に近づくことが期待できます。