脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

自己処理は危険なうなじのムダ毛を処理する方法

 

自分では見ることがないですが、満員電車やエレベーターなどぐっと人と接近をするときに人目につく部位がうなじです。髪をアップにするならお手入れをしておきたい部位でもあります。

しかし、自分では見えないのでうなじのムダ毛処理には注意が必要です。では、どのようにうなじのムダ毛処理をしたらいいのでしょうか。

 

うなじのムダ毛処理のメリット

髪をアップにしたときに目立つ部位がうなじです。うなじに毛が生えているとアップのヘアスタイルに抵抗を感じるのではないでしょうか。いろいろな髪型に挑戦をしたい、でもムダ毛が気になる、こんな方もいると思います。

うなじのムダ毛処理をしておくと後姿がきれいになります。アップのヘアスタイルに自信を持てるようになることでしょう。また、浴衣姿も美しくなります。

 

家族に協力を得る

首には太い血管が通っていて、万が一にもカミソリで肌を傷つけて出血をしたら危険です。自分では見えにくく手が届きにくい部位のムダ毛を無理に処理使用とすると、肌を傷つける恐れがあります。

自宅でムダ毛処理をするなら家族に協力をしてもらうとよいでしょう。ムダ毛処理は人に相談しにくいことですが、家族になら相談をしやすいと思います。家族の協力を得られないようなら、親しい友人でもよいでしょう。

 

カミソリで自分で処理をする

家族や友人の協力を得られず自宅で自分で処理をするもっとも手軽な方法が、カミソリでの処理です。

カミソリで処理をするときには、肌を傷つけないように気をつけてください。三面鏡を使うとうなじが見えやすくなります。よく見える状態で行ってください。

またカミソリにはT字とL字がありますが、T字の方が安全に処理ができます。L字は肌を傷つけやすいので使用しないでください。切れがよく清潔なものを使用します。

ムダ毛処理をする際には、ワセリンやクリームで必ず肌を保護します。保護をせずに処理をすると角質を大きく削り取ってしまい、肌の乾燥が進行をしたり黒ずみができる原因になります。

肌を保護したら毛を剃ります。同じところを何度も剃ると肌の負担になるので、一度で剃ってください。切れがよいカミソリを使用すれば一度で剃ることができます。

処理後には保湿ローションやクリームで肌を保護します。肌は乾燥しやすい状態になっていて、何もしなければ乾燥が進行をするので必ず保湿をしましょう。

 

除毛クリームで処理

除毛クリームならカミソリのように肌を傷つける心配がありません。

除毛クリームにはタンパク質を溶かす薬剤が配合されていて、この薬剤が毛のタンパク質を溶かすことでムダ毛が処理されます。しかし、薬剤は肌のタンパク質にも影響を与えるので、薬剤による肌トラブルを起こすことがあります。肌トラブルを防ぐために、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。パッチテストをして肌に異常が出なければ使用ができます。

クリームを肌に万遍なく塗り、5~10分ほど放置をします。時間が経過したらクリームを洗い流します。ムダ毛の処理後は肌が弱くなっているので、保湿ローションやクリームでケアをします。

除毛クリームが髪の毛に付着をすると髪の毛まで溶かしてしまうので、髪の毛に付着しないように気をつけてください。

 

サロンで処理

サロンなら自己処理よりも安全にうなじのムダ毛処理をしてくれます。また、サロンによってはうなじのデザインが可能です。左右均等に処理をしたり、微妙なラインを美しく仕上げてくれます。

サロンでは光脱毛という脱毛を行っています。メラニンに反応する光を照射して、光のエネルギーで毛にダメージを与えて、脱毛を促します。脱毛時には若干痛みが生じますが、痛みは一瞬です。痛みの感じ方には個人差がありますが、一瞬ピリッと感じる程度です。

光脱毛を何度か受けているとムダ毛が細く目立ちにくくなり、一定期間毛が生えにくくなります。

サロンによってはアフターケアをしてくれます。アフターケアにはオリジナルのローションやクリームなどが使用されて、美容成分が配合されているので美肌効果が期待できます。

 

クリニックで脱毛

クリニックでは医療レーザー脱毛を行っています。医療レーザー脱毛はメラニンに反応する光を使用する脱毛方法です。仕組みは光脱毛と同じですが、光脱毛よりも高い出力があり高い脱毛効果を発揮します。サロンでは長期的な効果がある脱毛を行えないので永久脱毛ではありませんが、医療レーザー脱毛は永久脱毛です。ムダ毛処理から解放されて、つるつるなうなじを維持できます。

しかし、医療レーザー脱毛は効果が高い分痛みも強いです。痛みの感じ方には個人差がありますが、針で突き刺されるような痛みと表現する人もいます。しかし、痛みが少ない脱毛器が開発されていたり、麻酔で痛みを軽減することができます。痛みが心配な場合は医師に相談をしてください。

また、医療機関には医師が常勤しているので、万が一のことがあった場合でもすぐに対応ができます。