脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノンの偽物にご注意を!~正規品を購入する意味~

 

家庭でサロン同様のフラッシュ脱毛ができる機器「ケノン」。
安心安全の日本製で、アフターケアもしっかりとしている脱毛器ケノンは、多くのユーザーから支持されています。
利用者の98%以上が製品に満足をしており、最初は奥さんだけ利用していたのが、お母さんから娘へ、そして今ではお父さんまでも一緒にケノン脱毛するという家族が増えています。
本体を家族で共有し、肌に触れるカートリッジの部分だけをそれぞれ専用のを持って使っているというお家が多いです。
ケノンは「ケノン」と検索すると出てくる公式サイトで購入することができます。また楽天市場やヤフーショッピングなど、ケノンが正式に認めた一部のサイトでも購入することが可能です。
しかしここ最近、ケノンによく似た類似品が出回ってるということが問題になっています。今回はケノンの「偽物」について考察していきたいと思います。


【ケノンは公式サイトで買うのが大前提!】

どんな商品にも言えることですが、一番間違いないのはその商品の公式サイトで購入することです。
専門の相談員がいたり、故障や返品対応などアフターサービスが充実していたり、購入した際の付属品が充実していたり、公式サイトで買うことで様々な利点があります。これはれっきとした付加価値です。
その付加価値を含め、私たち消費者は企業にお金を払っているのです。
しかし一方で、少しでも安く手に入れたい!というのも消費者の正直な心理です。○マゾンで買ったらもっと安いじゃないか?もしかして○ルカリで中古品が出品されてるかも・・・など、ついついお得な情報を探してしまいます。本当にこれらの行為はいけないことなのでしょうか?


【ケノンを名乗る偽物・ケノンに似せた類似品】

「ケノン」とはっきり名乗ったまったくの偽物は実際には出回っていません。
しかしここで類似品で有名なある国のことを思い出してください。名前の一文字を変えるだけで、堂々とパッケージもキャッチコピーも丸パクリのキャラクターや商品を出しています。
それと同じようなことが日本国内で行われているのです。(しかも日本人の手によって)
一見ケノンと間違えるような商品名、まるでケノンその物のような機器のフォルムやパッケージ。
しかも本家のケノンより価格が安く、その効果はケノンよりも上回った性能を謳っているのです。これはどう見てもケノンじゃない・・・と賢い消費者は気が付きます。しかし「安くて性能もいいなら、こっちの方がいいんじゃないか?」と冷静な判断を見失ってしまうことがあります。


【ケノン類似品の盲点】

ではどうして、安くてより高い効果を見込めるものがいけないのか?という話です。
正確に言うとその選択は決していけないことではないのです。こちらの方が自分にとって良いと思った選択を信じてほしいです。
ただここで注意が必要なのは、安いなら安いなりの理由があるということです。
ケノンは「いいな」と思ってすぐ手が出るような金額ではないかもしれません。しかし決してその価値以上に、馬鹿高い金額を消費者から徴収しているわけではありません。
むしろできうる限り原価に近い価格で提供されています。ユーザーが多いゆえにできる価格ともいえます。
一方ケノンよりも価格が安い製品の場合、製造を海外に委託していたり、部品にかかるコストを削っていたりします。
また企業を運営する上で一番経費がかかると言われているのが人材です。その人材を少なくすることで、価格を抑えてるとも考えられます。人材が少ないということは、アフターサービスにかけるコストも抑えているということです。


【ケノン類似品の危険】

類似品を購入するリスクは他にもあります。
価格が安い割にたくさんの効果を謳っている場合です。例えばケノンよりも広範囲にわたっての脱毛が可能であるという内容だったり、照射の力が倍というようなフレーズを見かけます。
フラッシュ脱毛は毛根にしっかり光を当てることが大切なので、フラッシュの範囲を広げることには何も意味がありません。また照射の力が強いということは、その分肌に与えるダメージが強くなってしまうことになります。
脱毛に関して言えば「早くて強い」というのは、百害あって一利なしに値するのです。何のために脱毛をするのか?原点に立ち返って目的をしっかり確認する必要があります。


【他にもある、正規品との違い】

類似品には返品保証を行っている商品も中にはあります。しかしケノンのように専任のアドバイザーがいないため、「いりませんでしたか?はい、さようなら」で終わってしまうパターンが多いのです。
サロンに通わなくてもセルフでできることが利点のケノン脱毛器ですが、その陰には充実した保証内容や商品説明、そしてアフターサービス担当のスタッフの存在があります。
直接体に関わる商品だからこそ、「安心」や「責任」という問題には慎重でなくてはいけません。
ケノン正規品を購入すると付いてくる様々な付属品も、単なる客寄せのプレゼントではないのです。
ケノンがこだわりを持って付属しているもので、例えばカートリッジを新しく交換するときも、ユーザーであれば特別価格で購入することができるのです。


【フリマアプリで中古品を買うのはどうか?】

「人が使ったものでも気にならない!」という人は、フリマアプリで中古品を探すこともあるでしょう。正規品である以上品質に問題はないのですが、ここでも注意点があります。
まず一つ目は正規購入をしていないため、何かトラブルがあった時の保証がきかないということです。
そしてもう一つはカートリッジを交換したい場合、ケノン公式ショップで本体を買っていないユーザーには、カートリッジの提供を行っていないということです。
これでは正規品よりも少し安い価格でゲットできたとしても、結局長期にわたって使うことができないので、かえって損をしてしまうことがあるのです。

 

以上、ケノン正規品とそうではない商品の違いを考察してみました。
今は本当に消費者の買い物の選択の幅が増えています。目先の利益にとらわれてしまうと、その先で待っている大切な何かを見失ってしまうことがあります。
何を買うかは本人の自由ですが、今一度、正規品を買う意味というのを考えてみてはいかがでしょうか? 

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ