脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ケノン脱毛器はちくびの脱毛もできるのか?!

 

日々、脱毛と戦っている皆様こんにちは。
今や脱毛は、老若男女全ての皆さんの課題になってきました。

早い子では何と小学生のうちからお母さんと一緒に脱毛を始めるとか!時代は変わりましたね。
「そんなに早い時期からやらなくても・・・」という声がある一方で、
私なんかは「もっと若い時から今みたいな時代になっていたらな」と羨ましい気持ちがあります。

毛深い事って、思春期には大きな悩みになるんですよね。
特に恋をしてからは、その悩みは深刻なものになります。毛の悩みで、逃した恋やタイミングは数知れず・・・。

サロンでのフラッシュ脱毛も格安な時代になりましたが、家庭でセルフでできる光脱毛の機器も発売されています。

サロンって、 CM などで「両ワキ100円!」などと宣伝していますが、結局は欲が出て、追加で色んなパーツをお願いしたり、金額内ではキレイになりきれず延長したり。
しっかりお金を払うか、諦めてしまうかのどちらかなんですよね。


【家庭用脱毛器 ケノン】

家庭用脱毛器の中で先駆的存在のケノン。ケノンのホームページでは様々な喜びの声が寄せられています。

「ちょっといいかも」と思っても、 その本体価格を見て躊躇する人もいるのではないでしょうか。
決して安い買い物ではないですよね?

しかし冷静に考えてみてください。
ケノンは本体さえ公式ショップで購入すれば、初回に様々な付属品が付いてきます。保護用メガネや、専用保冷剤はもちろん、期間限定でいくつかの種類のカートリッジが付いてきます。

カートリッジは消耗した後も、会員であれば特別価格でカートリッジを購入し続けることができます。トータルで考えると一年も経たないうちに、十分購入価格の元が取れることに気がつくでしょう。

ケノンはセルフ脱毛です。全身全ての毛を、自分のペースで脱毛することができるのです。
コースごとにお金がかかるサロンとは違います。
全身脱毛し放題だと、安いところで月額8000円ぐらいでしょうか。10ヶ月もすればあっという間に8万円です。


【ケノンの脱毛方法】

脱毛の基本的な流れは以下の通りです。

1、脱毛箇所の下処理を行う~できれば電動カミソリを使って、優しく丁寧に剃りましょう。

2、脱毛箇所を保冷剤でしっかり冷やす~その後の肌の炎症を防ぐ大切な過程です。絶対省くことのないようにしましょう。

3、脱毛箇所を照射する~肌にしっかり密着させて行います。ひとつの箇所を何度もやらないように、少しずつずらしながら照射していきます。

4.脱毛箇所を保冷剤でしっかり冷やす~仕上げのクーリングです。最低5分間は行い、肌に赤みが出ていないことを確認しましょう。

5、脱毛箇所の保湿を行う~脱毛後の肌の乾燥を防ぐために、化粧水やクリームでアフターケアを行います。

以上が、ケノン脱毛器の家庭での使い方です。


【 ケノン脱毛器は痛いのか?】

結論から言います。無痛ではありません。

フラッシュ脱毛は、輪ゴムでパチンと当てたような軽い痛みを皮膚に感じます。熱いと感じる人もいるでしょう。

その痛みには個人差もあれば、脱毛する箇所によっても痛みの度合いは違います。
一般的に硬めの皮膚(脇や膝下など)は、痛みを感じる度合いも少ないです。一方で、デリケートゾーンや、太ももの内側、鼻の下など柔らかい皮膚の部分は、痛みを強く感じる場合があります。

ケノン脱毛器は、照射の強度を調節できるようになっています。
最初は弱い力から、慣れてきてどんどん強度を上げていけば、効率よく脱毛を行うことができるでしょう。


【ケノン脱毛器をやってはいけない箇所はあるか?】

ネットを見てみると、あらゆる体の部分の脱毛を試している人の体験談が載っていますね。

結構チャレンジャーな人も多く、絶対そこ痛いよね・・・と思うところまで、自己責任で試みている人がいます。

ここでは正式名称は避けますが、それだけ大切な部分の毛の問題について悩んでる人が多いということです。

例えばちくびもその一つではないでしょうか。

ちくびそのものから毛が生えてる人は稀ですが、乳輪の周りから太い毛が生えるということはよくあります。(男女問わず)
気にして抜いて、さらに太くなってしまうんでしょうね。

ケノン脱毛器は、サロン同様「粘膜」の部分への使用は推奨していません。
粘膜は光に弱く、非常にダメージを受けやすいからです。また粘膜というのは体の大切な部分にあるもので、いわば内臓と同じなんですね。

なので、もしちくび周りの脱毛を行う場合は、しっかりちくびそのものを保護しながら行うことを忘れないでください。

ガーゼやテーピング、絆創膏のようなもので、光を当てたくない部分を隠しながら照射を行います。やりづらいかもしれませんが、できればその部分を避けて、カートリッジの角度を意識しながら行うとより良いでしょう。

箇所が箇所だけに、家族に手伝ってもらうこともはばかれるので、慎重に作業を進めていきましょう。


以上、ケノン脱毛器のお得さと使い方、そして大事な部分への照射もできるのか?ということを検証してきました。

これからどんどん暖かい季節になってきますね。すべすべつるつるの肌で、気持ちも軽やかになりますように!  

ケノン公式サイトはこちら|購入ページ