脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

今は、彼氏だけど嫌いになりそう、一緒にいて、彼氏がケチだと思ったシチュエーションは。

はじめに

やっとできた彼氏でウキウキの気分もつかの間、余りのケチぶりに

幻滅したという女性は結構いるようです。

ケチは、性格なので見た目が格好いいからと言っても

内面は全く違ったという事はよくある話です。

今回は、今は、彼氏だけど嫌いになりそう、一緒にいて、

彼氏がケチだと思ったシチュエーションを紹介します。

食事はいつも割り勘

好きな彼氏とデート、嬉しいはずが全てに置いて割り勘にしてくれと言われたら

彼女も彼氏の事を尊敬できなくなるかもしれません。

全てに置いてなんでもお金を出してくれる男性もまた、何かあるのではないかと

勘ぐってしまうのですが、常に割り勘を迫ってくる彼氏は、ケチと思う女性は多いです。

彼氏もいつもお金があるわけではないので、出せる金額も決まっているとは思うのですが

たまには彼女を前に言い格好を見せても良いのではないでしょうか。

ちょっとした金額でもケチる

スーパーに言って今年は野菜が上がっているな、肉も魚も結構高いと

主婦は生活をやりくりしないといけないので一円単位でも

敏感です。

しかし、男性があまりに細かいとケチに思われても仕方がないのではないでしょうか。

デートの最中、十円高い、一円高いと口癖のように言っている彼氏は正直

見たくはないでしょう。

女性から見て、男性は小さい事は気にしないというイメージですから

あまり細かい事を気にし過ぎるとケチな人間と思われてしまうようです。

もちろん、倹約は大切な事ですが限度もありますので注意が必要です。

買い物で常に値切る

デートの最中、お店に言っては値切ろうとする男性を見てびっくりした女性もいるようです。

ある地域ではそういった事がに非常に行われている普通の事らしいのですが

一般的には値切ると言った事が出来るお店は限られています。

値切りが許されているお店では、楽しみながら買い物をしても良いのですが

ハイクオリティーの街でブランドを値切ろうとする彼氏は、彼女にとって

とても恥ずかしく見える事が多いです。

各地でいろんな風習があるとは思いますが、基本的にはお店が提示した金額で

買うのが一般的です。

割引にこだわる

インターネットも普及し、クーポンの利用でお得に買い物が出来るようになりました。

とても便利な事ですし、買い物が楽しくなることでしょう。

しかし、度が過ぎると少し考え物です。

彼氏とのデートはいつも割引があるお店でしか食事が出来ないとか

割引日でないから入園しないというクーポンを目的としたデートをする

男性がいるようです。

たまには、いいと思いますがデートの楽しい気持ちを損ねるほど

クーポンに取りつかれている男性はやはりケチが過ぎるのではないでしょうか。

クーポン自体は便利なものであり、とても良いものです。

しかし、優先順位はクーポンよりも彼女の気持ちを優先させなければいけないのでは

無いのでしょうか。

クーポンは彼女がいない時に使えばいい事であって、彼女といる時ぐらいは

少し考えましょう。

おごったこと執拗に言う

何かにつけ、おごってやった、おごってやったと連呼する男性がいます。

やはりそういった男性はケチの部類に入るのではないでしょうか。

もし、こういった彼氏に対して女性も、別に頼んでおごってもらったわけじゃないと

言いたいのではないでしょうか。

恩着せがましい人はどこにでもいます。

だったら始めからおごらなければいいのです。

見返りを求めないのが大人のルールですから、後でいいのなら

始めからおごらなければいいのです。

プレゼントはいつも安物

彼氏からプレゼントをもらつて開けてみたらよくわからない、欲しくもない

安物だったという経験は無いでしょうか。

一度だけならまだしも、いつも安物だともらわない方が良いと思ってしまうのではないでしょうか。

こういったケチの彼氏は基本的に直りません。

考え直すことも一つの選択肢です。