脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

お酒を飲むと気持ち悪くなる?|お酒を飲んで気持ち悪くなる原因と対処法、教えます!

お酒を飲んでわいわいするのは楽しいですよね。

ただ、飲みすぎると飲み会中に気持ち悪くなってしまうことも…

せっかくの楽しい場が台無しになってしまった経験、誰でも一度はあるのではないでしょうか。

なぜお酒を飲んで気持ち悪くなるのか?どうしたら気持ち悪くならないのか?

原因と対処法をまとめました。

<>お酒を飲んで気持ち悪くなる原因<>

・アルコール

お酒にはアルコールが入っています。

アルコールには利尿作用があるので、おしっことして水分を体の外に出してしまいます。

お酒をたくさん飲むとトイレが近くなること、ありませんか?

実は、アルコールが原因だったのです。

水分が体の外に出てしまうと、脱水症状を起こし頭痛・めまい・吐き気などをもよおします。

「たくさんお酒飲んでるのに脱水症状?」と不思議に思うかもしれません。

たくさん飲んだお酒は、アルコールの利尿作用によって体の外に出てしまっていたのです。

・アセトアルデヒド

アルコールを肝臓で分解するときに発生するのがアセトアルデヒド。

アセトアルデヒドは毒性が強く、頭痛や吐き気、疲労感などをもよおします。

また、体に残りやすいのも特徴です。

二日酔いで気持ち悪いのは、アセトアルデヒドが原因だったのです。

・胃酸過多

飲み会ではお酒と一緒におつまみも食べますよね。

しかも居酒屋さんのおつまみって揚げ物が多い…

思い返すと、普段より多く油をとってませんか?

脂っこいものは、胃酸をたくさん発生させます。

胃酸過多の状態は、胸やけやむかつきを起こしやすくなってしまうのです。

お酒を飲んで気持ち悪くなったのかと思いきや、

食べ物が原因の可能性もあるのですね。

では、お酒を飲んで気持ち悪くなる原因がわかったので、

今度は気持ち悪くならない方法を探ってみます。

<>お酒を飲んでも気持ち悪くならない方法<>

・水分補給をする

飲み会中、ずっとお酒を飲んでいませんか?

お酒だけではなく、ときどきソフトドリンクを飲むようにしましょう。

アルコールの利尿作用で、体の中の水分は減ってしまっています。

そこでまたお酒を飲んでも、水分補給にはなりません。

お酒の間にソフトドリンクを挟むだけで、飲み会後に気持ち悪くなることを防げますよ。

もし翌日二日酔いになってしまったら、スポーツドリンクを飲みましょう。

スポーツドリンクは体内に吸収されやすいので、早急に水分補給することができます。

・ビタミンB1をとる

アルコールが分解されるときに、体内のビタミンB1が使われます。

ビタミンB1が減ってくると、体はだるく感じます。

お酒を飲んでるや飲んだ後は、ビタミンB1を積極的にとるようにしましょう。

ビタミンB1は豚肉やレバーなどに多く含まれます。

・脂っこいおつまみを避ける

お酒と一緒に食べるおつまみは、なるべく脂っこいものを避けましょう。

脂っこいおつまみは、胸やけやむかつきの原因になります。

枝豆やお刺身など、胃に負担をかけないおつまみを選べば、

気持ち悪くなることを避けられます。

・飲みすぎない

お酒を飲んで気持ち悪くなるのは、体からのSOSです。

「これ以上お酒を飲んだら、体が壊れてしまいますよ」と教えてくれているのです。

体からのSOSを無視してお酒を飲み続けたら、急性アルコール中毒などで死に至る可能性もあります。

ですので、お酒を飲んでいて気持ち悪くなったら、お酒を飲むことはストップしましょう。

気持ち悪くなっているということは体内が水分不足の状態なので、

ソフトドリンクを飲むことをお忘れなく。

せっかく楽しい飲み会も、気持ち悪くなってしまったら台無しです。

ちょっと気を付けるだけで気持ち悪くなることは防げるので、

ぜひ今度の飲み会で試してみてください。