脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

ご自身の彼氏が「無職」であるといった点で、従来からある、抱きがちな印象全般に関しての傾向の実態

これ自体は特に、現在無職である男性の方の側からすると、正直腹立たしさを感じさせられたりする方も中にはおられたりするかもしれませんが、大抵の女性の方が無職である自分の彼氏に対して、抱きがちの印象・イメージ・言いたい事などについての、まとめた概要について触れています。

これらの抱きがちな事自体は従来からあるものと言えますが、最近あるネット上や雑誌などに掲載されたりしている、彼氏自身の無職である心境のあり方や、様々な意見について、簡潔明瞭に記していく事を意識した文章の流れになっています。

1.彼氏が「無職」である不安を抱く女性側としての心境

「無職だから早く別れよう」「働く気も無いから自分の彼氏はダメな人間だ」、こういった事を常日頃から思われている女性の方もおられたりしますが、これは逆に男性の彼氏側でも同じような傾向があります。

いわゆる『ヒモ』などと呼ばれたりしている、お金ばかりをせびったりするような愚かな人間ではない限り、ただ単に自分の彼氏・彼女が無職といった理由・事情などで、世間体を第一に気にばかりして無闇に卑下をしたりしているケースなども、差別問題として報告をされたりしています。

また、これが原因でパートナーへのDVなどの暴力に関しての被害などもあったりしますので、ある意味、社会問題の一因といった面もあります。

今回の記事では自分の彼氏が無職者であるといったテーマですが、女性側からのそうした彼氏本人に対しての、卑下した差別の印象といった面も実際にはありますので、決して無視出来ないところもあります。

2.無職自体は本当に「悪」か

今、1.の段落でも話した真剣な無職といった言葉の背景にある現実に関して幾らか触れてみましたが、これ自体を最初から一方的に『悪』であると決めつけたりするような事は、やはり社会的にも危険がある感じがします。

女性である本人自身に対して様々な面で深刻な危害などを加えたりしている実態などがある場合はともかく、ただ単に無職といった理由だけで卑下をしたりする事自体、もうその時点で問題がある面が明らかにあります。

3.従来の形とは異なる、最近の無職のあり方について

ただ、最近ではそうした従来からの偏見や差別の温床になりがちであった彼氏の無職のあり方なども、彼女である女性側からの立場では、その意識が変わりつつあるところもあります。

最近ではインターネット環境の整備などがなされたりしたといった事情もあって、自宅でも同棲をしながら彼氏が家で無職状態のまま内職を行いつつ、家事などをこなすような形なども見られたりしますので、無職といった理由でパートナー相手を卑下したりしないような方なども増えて来つつあります。

しかしそれでも、この日本の場合には中々根強い社会的な無職者に対しての差別観念が未だに強い傾向がありますので、まだまだこうした卑下や偏見などの問題性は深刻な面があります。

4.無職彼氏に対しての、女性の側からの意識の変化

幾ら無職彼氏とはいっても、中にはごく日常的な家事や彼女本人をサポートされたりしている方もおられたりしますので、従来からは評価面でもパートナーとしての存在が見直されたりしているところも確かにあります。

5.最後に窺える今回の記事からの結論

確かに、従来から男性である彼氏本人が無職のままだらしが無いような生活をされている方も少なくないといった事情もあったといったせいもありますが、それでもやはり、こうした無職といった理由で彼氏の方を一律に人間として卑下・差別等をされたりするといった要因も、確かにありました。

しかしながら、そうした無職状態といったあり方なども、彼氏個々人による、様々な考えの上でのあり方も確かにありますので、そうした面もやはり、女性としてのパートナーの側から考えていく事も、場合によっては大切であると考えられます。