脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

片思いの彼氏に告白したい!きっかけ作りができて成功率を高めるシチュエーション3つ

< 女性からの告白もシチュエーション次第で成功率が高くなる >

「告白されるならば男性から」と思っている女性も多いでしょう。

しかし最近では女性から積極的に告白して成功するケースも増えています。

女性から男性に「好きです」というのは勇気がいる行動ですが、シチュエーション次第では非常にスムーズに告白が成功します。

男性から好感を持たれて「OK」して貰える可能性の高い告白のシチュエーションについて紹介します。

< シチュエーション1: 飲み会で意気投合して帰りに告白 >

女性から男性への告白として、最も多いシチュエーションです。

会社や趣味の仲間同士の飲み会で、程良くお酒が回って良い気分になっている時に告白すると、普段より大胆になって告白し易く、告白された方も感動し易くなります。

この時のコツは、飲み会の途中から彼と親しく話をして盛り上がっておき、彼の印象に残り易くなります。

告白のシチュエーションとしては、歩いていて急に立ち止まり、男性が「どうしたの?」と振り返るのを待ちます。

そして

「決して酔った勢いではないけど、今がチャンスなので言います。○○さんのこと、ずっと好きでした。」

と伝えましょう。

注意点としては自分が酔っぱらわないこと、あまり乱れた状態で告白されても本気にして貰えません。

また、男性がよっばらっている時にはその場でOKしてくれても、翌日ケロッと忘れられている可能性もあります。

< シチュエーション2: 待ち伏せをして告白をする >

普段一緒に行動するチャンスがない場合には、会社帰りに出口付近で待ち伏せするのがおすすめです。

あまり長時間立っていると周囲の人に不審に思われてしまうので、相手がそろそろ退社するという時間を狙いましょう。

できれば相手が残業をした直後の方が人気も少なくてスムーズです。

目が合ったら「お疲れ様でした、駅までご一緒していいですか?」と話し掛けます。

この場合、待ち伏せしていたことはバレバレで相手も警戒していますので、早目に告白した方が良いでしょう。

「急にすみません、一言伝えたくてお待ちしていました。○○さんのことが好きです。お付き合いして頂けますでしょうか。」

と言います。

歩きながらですので自然に話せて、相手が「ちょっと急に言われても」と言ったら「そうですよね。それでは考えてお返事頂けますか」と言って、別の話題に切り替えることができます。

男性がフリーならば「友達から始めましょう」と言ってくれる可能性が高くなります。

< シチュエーション3: 遊園地の観覧車の上で告白をする >

男性が理想としていて、告白の成功率が高いのがこのシチュエーションです。

会社や趣味の付き合いで既に良く知っている同士で、グループで遊びに行く関係ならば効果があります。

雰囲気作りとしては、他のアトラクションを一通り体験して、夕方になりそろそろ帰ろうか、というタイミングがおすすめです。

グループ行動をしている場合は、男性に「一緒に観覧車乗ってくれる? ちょっと怖いけど乗りたいんだ。」と誘います。

仲の良い関係ならばまず断らないし、他の人達にも特に怪しまれません。

観覧車の頂点に到達したら、

「高いところ苦手なんだけど、どうしても○○君に言いたいことがあったからチャレンジしてみた。好きです、付き合って下さい。」

と言います。

特に夜景が見えなくても、夕日が眺められるだけで十分ロマンチックな気分になり、OKして貰う可能性も高くなります。

< 幾つかのシチュエーションを想定して告白の準備をしておこう >

女性から男性に告白をしたいと思ったら、一つのシチュエーションにこだわるといつまでも実行できずに終わってしまいます。

幾つかのシチュエーションを想定しておき、最も近いタイミングで思い切って行動した方が相手の心を動かし易いと言えます。

また、告白をする前から何となく相手に好意があることを伝えておくのもポイントになります。

男性もあなたの好意を薄々と感じていると「やっぱり来た」と嬉しくなるものです。