脱毛OLがゆく〜つれづれ人生一人旅

長年脱毛にトライしてきた丸の内OLが脱毛サロン、クリーム、脱毛器について実体験からレビューしてます

なんか彼氏に飽きてきたかも。自分の中で修復できるのか考えたい。なんで飽きたのかをじっくり。

<恋愛では、慣れがあるように、飽きもある。>

人は少なからず、仲良くなった友人や恋人など

付き合っていく上で慣れが出てくる関係ではあるのだが

それと同じように、「飽き」が来てしまうことも。

しかしなぜ、あんなに大好きだった彼氏のことを

飽きてしまうのか?

また修復できる方法はないのか?

考えてみましょう。

<飽きによくあるのは、安定しすぎていて。>

恋愛では、様々タイプの人がいますが

追いかけたい

追いかけられたい

刺激がほしい

安定がほしい

など、求めるものは人によって違うのです。

例えば、すごく手にいれたいと思っていたはずの男性のことを

振り向いてもらうためにあらゆる手を使ったとします。

なかなか落ちない男性VS落としたい私

そういう恋愛に燃える女性にありがちなのは

相手を本気で自分に惚れさせてしまったとたんに、

興味がなくなってしまうことです。

あくまでも、堅物でなかなか落ちない

どうしても落としたい!!!

と追いかけている間が楽しくて燃える。

しかし手に入れてしまったら燃え尽きてしまう…

こればかりは、人の気持ちなので

どうしようもないのですが

彼氏に「飽きた」というのは、

安定から生まれている部分がありませんか?

<スリルを求める女性には、安定は不向き>

こういった女性は自分に自信があり、気も強いので

相手に尽くされすぎるよりも

多少は自分の好きが大きいぐらいではなければうまくいかないのです。

女性関係も何もなく、一途で優しくて

文句の付け所がない人のほうがつまらなく感じてしまったりもするのです。

ライバルが現れて、ライバルを潰して

彼氏が他の子に浮ついていたら

また自分の気持ちへ振り向かせる

そういう勝気な子には

安定が耐えられなくなって

飽きてしまうのです。

<マンネリが原因だったりしない?>

この飽きというのは、

毎回同じようなデートばかりで

何も変わりがなくて

もう男性がどう自分に接してくるのか

パターンがわかっているため

変化がなく、飽きてしまうことも。

そもそも相手のことを知り尽くして、

もうすることないし、楽しさが半減されていって

いつの間にか当初の楽しかった時間が薄れていって、

飽きてしまったり。

<頻度が多すぎる>

会う頻度が付き合ってから多くて、

毎日一緒にいるのが当たり前のようになって

時間をかけて知っていくようなことを短期間に詰め込みすぎて

いい距離感を取れなかったがために飽きてしまうことも。

<SNSのために>

今時のSNS女子など若い世代の人には結構あるかもしれません。

自己顕示欲が強い年ごろでもあり、

周りからどう見られるのかも特に気になる年ごろだったりもします。

なので、SNSにいかに自分が彼氏がいて幸せか

何をして遊んだのかをアピールしたくて

色々なところに行ったりして乗せるたびに

いいねをたくさんつけてもらって

気づいたら、もうなんのために付き合ってたのか

わからなくなっていることも。

そして、もう飽きてしまうという悪循環。

<恋愛のペースが速すぎる>

付き合った瞬間に結婚しようねと約束をしたり

ずっと一緒!と安易に言っている場合は、

最初はとてつもなく最高に幸せで仲も良く

すぐに同棲をしたりもする…

というペースで恋愛をしていき、

徐々に積み上げていく時間を飛ばしてしまうために

飽きてしまうことも。

結婚というのは人生で大きなことであり、

お互いのことを良いところも悪いところも知っていって

どんな考えを持っている人なのか

家計はどうしたいのか、子供は欲しいのか

など色々な価値観が一致して、

この人が絶対に生涯共に生きれる人だ、

と思えたり、人生の最大の決断とも考えられることですよね。

ですが、もう最初から結婚を前提にしているため

全然わからないままに大きな口約束をしていって、

理想と現実のギャップで一瞬で冷めたり、

飽きてしまうことも。

もちろん出会ってびびっときて

本当に人生での運命の人であって

結婚するんだって思うようなこともあると思います。

そういう方だっていると思います。

しかし、そんなに誰でも簡単にそんなことは起きるものではないので

ペース早くしすぎるがゆえに飽きることもあるので注意が必要です。

<修復するには…>

濃すぎた密度は薄くし

近すぎた距離も遠く。

そして、自分はどのような恋愛のタイプなのかを知るべきです。

いつも同じような人を好きになるのか

好きになった人がタイプなのか

何をされたら飽きるのか

それを未然に防ぐために、関わり方を変えていく。